Episode 7 : Lineage

ネタバレあり

※エピソードの結末が書いてありますので、知りたくないという方はご注意ください。

本当の真実

Story
あるケント家の朝、いつも通りクラークは朝寝坊。ジョナサンは、マーサをレックス邸まで送るためにクラークより先に家を出た。クラークも時間を見て慌てて学校へ出かけて行った。誰もいなくなったケント家に一人の女性が入ってくる。彼女は、棚の上に飾られているクラークの写真を見つけると大事そうに手に取るのだった。

学校では、クロエとピートがギリシャ神話の悲劇の話で盛り上がっているところへ、クラークの目の前にあの女性が現れる。彼女は、クラークに“私があなたの本当のお母さんよ”と言い残すのだった。

クラークはもちろん、ジョナサンとマーサもその女性の出現に驚くばかり。次の日、ジョナサンとマーサはタロンで彼女に会うことにした。彼女の名前はレイチェル・ダンリービー。彼女は自分の息子ルーカスをメトロポリス・ユナイテッド・チャリティーズという団体に養子縁組に出していたのだ。クラークはそこで唯一取り扱った子どもであったため、彼女はクラークが自分の息子ではないかと主張した。そしてクラークと話すチャンスが欲しいと
人に頼んだ。しかし、ジョナサンはクラークはあなたの息子ではない、もうクラークに会わないで欲しいとレイチェルの申し出を断るのだった。
断られたレイチェルは、クラークと話す機会を作るためにレックスを訪ねていた。レックスとクラークが仲がいいことを利用してクラークに会おうとしていのだ。しかし、ケント家とよい関係を続けていきたいレックスは、ジョナサンの要求を覆すことはできないと断る。するとレイチェルは、昔ライオネルと自分は親しい関係であり、もしかするとクラークはあなたの兄弟かもしれないと意味深な言葉を残すのだった。

ラナの父親探しも進んでいた。ラナの母親と一緒に写っている写真の男性は、ヘンリー・スモールといい、クロエに住所も調べてもらっていた。ヘンリーを訪ねていったラナだったが、今は家族がいるのでもう来ないで欲しいと言われてしまう。ショックを隠しきれないラナ。しかし、ある日ヘンリーがタロンに手紙を持ってやってくる。そして、ヘンリーは自分がラナの父親かどうかは分からないが調べていこうと言うのだった。


一方、新聞部でクラークは、クロエがレイチェルに
e-Mailを送っていたことを発見する。以前、クロエはクラークの過去(養子縁組)をもう調べたりはしないと約束をしていた。それなのに、クロエは勝手に養子縁組のサイトにクラークのことを載せ、そのサイトを見てメールを送ってきたレイチェルとやりとりをしていたのだ。それを知ったクラークはクロエとけんかをしてしまう。新聞部を出て行こうとするクラークにクロエはメトロポリス・ユナイテッド・チャリティーズはライオネルが作ったと告げるのだった。
学校から帰ったクラークは、ジョナサンにクロエから聞いた話をする。ついにジョナサンが重い口を開いた。

〜隕石落下の日・・・クラークが宇宙船に乗って地球へやって来た日〜
ジョナサンとマーサの乗ったトラックは、隕石落下の衝撃で逆さまにひっくりかえってしまう。そこには裸の男の子がいた・・・。ジョナサンとマーサは、隕石落下の衝撃で亡くなってしまったテディーのトラックの荷台に宇宙船をのせ、その男の子を連れてトラックを走らせた。すると突然目の前に男が立ちはだかる。その男はとうもろこし畑で息子が倒れているので、助けて欲しいとジョナサンに頼んだ。息子の髪の毛はすでに抜け落ちていて意識がなかった。急いでトラックに男とその息子を乗せ病院へ連れていった。これがライオネルとレックス、ジョナサンとマーサとクラークの出会いであった。ライオネルはジョナサンに助けてくれたお礼を言い、自分の名刺を渡した。何か困ったことがあったら電話をして欲しいと。


ちょうどその時イーサン・ミラー保安官がケント家にやってくる。クラークの母親ではないかと主張しているレイチェルから
DNAテストを受けて欲しいという依頼を持って・・・。そしてついにクラークの口の中の唾液(?)を取られてしまう。クラークの唾液が検査されれば、クラークが普通の人間と違うことがばれてしまうかもしれない。そのため、クラークとピートは唾液が保管されているメトロポリス・ジェネティックス・ラボに侵入し、ピートの唾液と入れ替えるのだった。
入れ替えに成功してもまだ動揺している様子が見えるジョナサン。ジョナサンが畑仕事に出かけた時、マーサが続きを語った。

家に男の子を連れてきたものの、どうしたらいいか人は決められないでいた。そこへとうもろこし畑にケント家のトラックが乗り捨ててあったのを発見し心配して、イーサン保安官がケント家に訪ねてくる。マーサは男の子を抱いて階へ行くが、男の子はマーサの手を振り払ってイーサン保安官の前に出て行ってしまう。マーサは、男の子は養子で今朝メトロポリスから来た、名前はマーサ・クラーク・ケントのマーサのファミリー・ネームを取ってクラークと名づけたとウソをついてしまう。そのため、このウソを本当にするためにライオネルに電話をしたのだと。

その頃、レイチェルはライオネルと会っていた。
DNAテストの結果、クラークが自分の息子でないと分かったレイチェルは、そのテストに何か細工をしたのではないかとライオネルに言いに来ていた。取りあってくれないライオネルに対し、レイチェルはある行動に出る。それはレックスの誘拐。レックスが車に乗り車庫から出てくるところを狙って、レックスの首に注射を打って眠らせ、スモールビルに買っておいた自分の家に連れてきてしまったのだ。彼女の要求は、クラークの養子縁組は偽りで、クラークはライオネルの息子であるということを記者会見で発表すること。しなければ、レックスを殺すと。

レックスが誘拐されたことをきっかけにクラークはクロエと仲直りをする。クラークはレックスがスモールビルに買ったというレイチェルの家に閉じ込められているのではないかと考える。クロエの力を借り、レイチェルの家へ急ぐクラーク。レイチェルの家では、レックスは椅子に縛りつけられ、ライオネルが記者会見をする様子をテレビで見ていた。しかし、ライオネルはレイチェルの要求をのまないことを発表。怒ったレイチェルはレックスに斧を振り下ろそうとするが、レックスが足で彼女を蹴ったので倒れてしまう。しかしレックスもその反動で椅子ごと倒れ気絶してしまう。もう一度、レイチェルが斧を振り下ろそうとした瞬間、クラークが窓から飛び込んできて危機を脱する。斧はクラークの身体でこなごなになり、レイチェルはその場に崩れ落ちてしまう。

レイチェルは以前いた精神科クリニックへ入院することになった。子どもを取り上げられてしまった苦痛により精神に異常をきたし、その頃から入っていたクリニックだった。そしてケント家にも普段の生活が戻ってきた。しかし、クラークは自分たちを助けてくれたライオネルをどうしてジョナサンが嫌うのかが分からなかった。そしてついにその過去が語られた。

ある日、頼んだおいたクラークとの養子縁組の証明書を持ってライオネルがケント家を訪ねてくる。ライオネルに感謝するジョナサンだったが、そこでライオネルがある要求をしてくる。証明書を作った変わりに、ロス兄弟の持つクリームコーン工場を自分に売ってくれるように助言をして欲しいとのことだった。そうしなければ、証明書が偽りだということをばらすと脅迫に近いことを言ってきた。仕方なしにジョナサンは、ロス兄弟に助言をしたのだ。こうして、スモールビルにルーサー・コーポレーションの足がかりを作ることになったのである。

話終わったジョナサンの口からは、私が決めたことで誰のせいでもない、私だけの汚点だと言い張るのだった。


無事屋敷に戻ってきたレックスは、ライオネルにレイチェルとのことを問い詰めていた。
まだレックスの母親が生きていた頃、ライオネルとレイチェルは親しい関係にあり、レイチェルは妊娠をしてしまっていた。レイチェルは子どもを産み、ライオネルにレックスの母親と別れ、結婚するように要求してきた。しかし、ライオネルはレックスの母親が身体が弱く、スキャンダルで悩ませたくなかったので、レイチェルを金で買収し、子どもを養子に出させた。その子は1歳になる前に亡くなってしまったという。ライオネルの告白を聞いたレックスは部屋を後にした。
レックスが部屋を出て行った後、ライオネルの手にはロケットペンダントがあった。そこには5、6歳ぐらいの男の子と一緒に写っているライオネルの写真と髪の毛があった・・・。

Point※どらが独断と偏見で訳したためにニュアンスが違う場合もありますが、お許しくださいm(_ _)m
マーサがクラークが初めてケント家にやって来た時のことを思い出して
Ethan Evening, Jonathan.
イーサン
保安官
こんばんは、ジョナサン
Jonathan Ethan.
ジョナサン イーサン。
Ethan I saw what was left of your truck out on Route 17. I wanted to stop by and make sure you're all right.
イーサン
保安官
17号線であなたのトラックが置き去りにされているのを見つけたんだ。無事かどうか確かめたくて立ち寄ったんだ。
Jonathan Oh, yeah. We're just a little banged up, but we're fine. Look, I'm sure there are folks who need your attention a lot more than we...
ジョナサン 少し疲れているが、大丈夫だ。もっとあなたの助けを必要としている人がたくさんいると思うが・・・。
Ethan Who's the little fellow?
イーサン
保安官
その男の子は誰だ?
Martha He got away from me. He's a strong little guy.
マーサ 私から離れるなんて、力がつよい男の子なの。
Jonathan That's um...
ジョナサン え〜と・・・。
Martha Clark. I thought my family name would make a good first name. Deputy, I would like you to be the first one in Smallville to meet our son. Adopted, of course. We just brought him back from Metropolis this morning.
マーサ クラークよ。私のファミリー・ネームが、この子のいいファースト・ネームになると思ったわ。保安官、あなたがスモールビルで私たちの息子に最初に会ったことになるわ。もちろん養子よ。今朝メトロポリスから連れてきたのよ。
Ethan Well, I didn't know you folks were planning to adopt.
イーサン
保安官
君たちが養子縁組をしようとしていたなんて知らなかったよ。
Jonathan Oh, Ethan, you know us. We like to keep to ourselves. But it's been in the works for quite a while.
ジョナサン イーサン、私たちは、ふたりだけの家族でいることも好きだが、長い間養子縁組の準備をしてきたんだ。
Ethan Well, congratulations. It's nice to see something good happen in the middle of all this tragedy.
イーサン
保安官
そうか、おめでとう!この災害の中で良い知らせを聞くことができて嬉しいよ。

どらより クラークがどのようにしてケント家の養子になることになったかが話されます。イーサン保安官が来た時に、クラークがマーサの手から離れて保安官の前に出てしまったことから始まります。クラークは、ジョナサンやマーサの子どもになることを分かっていたのかもしれません。子どもの頃のクラーク、とってもかわいいです。笑顔が大好きです。
クラークを養子にするために、ライオネルに頼んだジョナサン。その時のことを話すジョナサン・・・。
Martha Rachel's been admitted to a private psychiatric clinic. Even if she tries to explain what you did, nobody will believe her.
マーサ レイチェルは、民間の精神科クリニックへ入れられたそうよ。彼女があなたのしたこと(註:身体で割って入って斧を粉砕したこと)を説明しようとしても誰も信じないでしょうね。
Clark I really feel sorry for her.
クラーク 彼女が気の毒だと思うよ。
Jonathan We all do, son. I can't even imagine what it was like giving up that baby.
ジョナサン 私たちはできることをしたんだ。赤ちゃんを手放すということまでは想像できないな。
Martha I'm just glad our own family is still in one piece.
マーサ 私たちがまだ家族でいられるのは嬉しいわ。
Jonathan Not even Lionel Luthor could tear us apart.
ジョナサン ライオネル・ルーサーでさえ私たちを引き離すことはできない。
Clark But Lionel helped us. Dad, why do you hate him so much?
クラーク でも、ライオネルは僕たちを助けてくれた。父さん、なぜそんなに彼を嫌うの?
Jonathan The morning he came by with the adoption papers, I thought I'd never lay eyes on him again.
ジョナサン 養子縁組の証明書を持って彼が来た朝、二度と彼には会わないと思った。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Lionel Mr. Kent.
ライオネル ケントさん。
Jonathan Mr. Luthor.
ジョナサン ルーサーさん。
Lionel You can call me Lionel, please.
ライオネル ライオネルとよんでくれ。
Jonathan Lionel.
ジョナサン ライオネル。
Lionel I think you'll find everything in order.
ライオネル これで全て大丈夫だと思う。
Jonathan Thank you. And thank you for bringing it out here yourself. You really didn't have to do that.
ジョナサン ありがとう。わざわざ持ってきてくれて感謝します。私が取りに行かなくてはならないのに。
Lionel We're taking Lex back to Metropolis today.
ライオネル 今日、レックスをメトロポリスまで連れて帰ったんですよ。
Jonathan Hey, that's fantastic. I'm glad your son's gonna be all right.
ジョナサン それはよかった。あなたの息子がよくなって嬉しいよ。
Lionel Thank you. Thank you. There is one thing I'd like you to do for me.
ライオネル ありがとう、ありがとう。私のためにひとつあなたにして欲しいことがあるんだが。
Jonathan Yeah?
ジョナサン ええ。
Lionel I'm sure you've heard the Ross brothers are having second thoughts about selling me their factory. They don't want to sell to an outsider. They're friends of yours, aren't they?
ライオネル ロス兄弟は、工場を私に売ることに躊躇しているとあなたも聞いていると思うんだが。彼らは、よそものには売りたくないんだ。あなたは彼らの友だちですよね?
Jonathan Yeah. Yeah, they are.
ジョナサン ええ、そうですが。
Lionel Talk to them. Convince them that I only have Smallville's best interests at heart. I think it would make a difference.
ライオネル 彼らと話をしてくれないか。私がただ、スモールビルに心から関心を持っていると彼らを納得させて欲しい。その一言で違うと思うんだ。
Jonathan I really don't think that's really any of my business, Mr. Luthor.
ジョナサン その交渉は私のすることではないと思うが、ルーサーさん。
Lionel I understand. I'd be careful with that certificate if I were you. I wouldn't want the Department of Family Welfare to find out young Clark's adoption's a sham.
ライオネル 分かった。もし、私があなたの立場なら、その証明書に気をつけるね。クラークの養子縁組が偽ものだということが家族福祉課に見つかってほしくないからね。
Jonathan Wait, are you threatening me?
ジョナサン 待ってくれ。私を脅迫するのか?
Lionel Of course not. I'm just asking for a small favor.
ライオネル そうではない。私はただ、ちょっとしたお礼が欲しいだけだよ。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Clark So you did it. You convinced the Rosses to sell.
クラーク だから父さんはロス家に売るように助言したんだね。
Jonathan I helped the Luthors get a foothold on this community. The smokestacks, the toxic dumping all the people who were cheated, including Pete's family. It wouldn't have happened, if not for me.
ジョナサン 私はルーサー一族にスモールビルでの地盤を築く手助けをしてしまったんだ。重工業の影響で有害物質で汚染されることも、ピート一家のことも私が余計なことをしなければ、こんなことは起こらなかった。
Clark You couldn't have known.
クラーク 父さんだってそこまでは分からなかったよ。
Jonathan I should have known, I knew exactly what kind of a man Lionel Luthor was.
ジョナサン 分かるべきだったよ。その時ライオネル・ルーサーがどんな男なのか分かった。
Clark Why didn't you tell me?
クラーク なぜ僕に話してくれなかったの?
Jonathan Because I knew you would do exactly what you're doing right now, which is blame yourself.
ジョナサン 今お前がしているように、きっと自分のことを責めるだろうと思うからさ。
Clark You were trying to protect me, it is my fault.
クラーク 父さんは僕を守ろうとした。僕のせいだ。
Jonathan No. You never believe that. This was my decision. This is my fault.Mine alone.
ジョナサン いや。お前はそんなことを決して信じるな。これは私が決断したことだ。だから私の汚点だ。わたしだけの・・・。

どらより 以前ピートがクリームコーン工場をルーサー一族にだましとられたと言っていたこと(Season 1 Episode 15 Nicodemus(死を呼ぶ花))には、こんないきさつがあったのですね。それからクラークの養子縁組がどんな風に行われたか、ジョナサンがライオネルを嫌いな訳が明らかになります。最後のジョナサンの表情が今までの苦悩を物語っています。
レックスがライオネルにレイチェルとの真実を問い詰めるシーン
Lex Like you did all those years ago?
レックス 過去にあったようなことをやったの?
Lionel I loved your mother very deeply, Lex, but I was not a perfect husband. I strayed. If you've never been tempted Lex, I'm sure one day you will be.
ライオネル 私は、お前の母親をとても深く愛していたが、完璧な夫ではなかった。私は道に迷った。もしお前が誘惑されたことがなかったとしても、いつかはお前にもそういうことが起こるさ。
Lex

We're not talking about me, Dad. We're talking about Rachel Dunleavy, Did she bear your illegitimate son or not?

レックス 俺の話をしているんじゃない。レイチェル・ダンリービーの話をしてるんだ。彼女は、親父の息子を産んだのかそうではないのか?
Lionel I never knew she was pregnant. Then she reappeared one day with a child she claimed was mine, demanding that I leave your mother and marry her.
 ライオネル 私は彼女が妊娠しているのを知らなかった。ある日、私の子どもだという子どもをつれて再び現れたんだ。お前の母親と別れ、結婚するよう要求してきたよ。
Lex So you bribed her to give the child up for adoption.
レックス だから、養子縁組で子どもをあきらめるよう彼女を買収した。
Lionel She was imbalanced. She threatened me. Your mother was too sick to burden her with a scandal.
ライオネル 彼女は不安定になり、私を脅した。お前の母親は身体が弱かったので、スキャンダルで悩ませたくなかった。
Lex Your altruism is inspiring, Dad.
レックス 親父の利他主義には感激させられるよ。
Lionel I did what I thought best for everyone. I had the child placed with a suitable family.
ライオネル 私はみんなにとってベストだと思うことをした。だから私は子どもをふさわしいと思う家族のところへやった。
Lex Not the Kents?
レックス ケント家ではないのか?
Lionel

The Kents? Don't be ridicules.

ライオネル ケント家?ばかなこというな。
Lex Then where is he?
レックス じゃあ彼はどこ?
Lionel He died before his first birthday. Forgive me, Lex, I'm very tired. It's been a long day.
ライオネル 彼は歳になる前に死んだ。レックス、私を許して欲しい。私はとても疲れた。今日は長い一日だった。
Lex Sure, Dad.
レックス 分かったよ、親父。

どらより ライオネルとレイチェルの間にできた子は、亡くなったと言ったライオネル。でも、最後にライオネルの手にあった写真には5、6歳くらいの子と一緒に写っているライオネルと金髪の髪の毛がありました。この子が、ルーカス・ルーサーではないかと。と言うことは、1歳になる前に亡くなったということはうそになりますね。一体ライオネルの言葉はどこまで信用できるのか疑問が残ります。生きているのか死んでいるのかも怪しい・・・。
それにしてもレックスの最後の表情は印象的です。クラークが弟だったらどんなによかったかという気持ちだったのでしょうね。

Main Cast(メインキャスト)
Clark Kent Lana Lang Lex Luthor Pete Ross Chloe Sullivan Lionel Luthor Martha Kent Jonathan Kent
Guest Cast(ゲストキャスト) & 紹介された人物
Rachel Dunleavy Rachael Dunleavy(レイチェル・ダンリービー)
クラークを実の息子ルーカスではないかと主張する。なにやらライオネルと昔親しい関係にあったらしい。
Henry Small Henry Small(ヘンリー・スモール)
ラナの本当の父親?!前回のエピソード
 Reduxでラナの母親と親しい関係にあったらしいということが分かる。
Sheriff Ethan Miller Sheriff Ethan Millar(イーサン・ミラー保安官)
レイチェルの主張(クラークが彼女の息子であること)のために、ケント家を訪れる。そしてクラークに
DNAテストを受けさせるため、ドクターを連れてくる。
Young Clark Kent Young Clark Kent(子ども時代のクラーク・ケント)
ジョナサンとマーサを乗せたトラックが逆さまになってしまい、その近く(とうもろこし畑)にクラークと宇宙船があった。少年時代のレックスとはこの時に出会っている。
DNA Doctor DNA DoctorDNAドクター)
イーサン・ミラー保安官と一緒にケント家にやってきて、クラークの口の中の唾液(?)を採取していく。
Young Lex Luthor Young Lex Luthor(子ども時代のレックス・ルーサー)
隕石落下の日にとうもろこし畑にいたレックスは、隕石の影響で髪の毛が抜け落ちてしまう。その時気を失ったレックスとうろたえていたライオネルを助けたのは、ジョナサンたちだった。
Henry's Wife Henry's Wife(ヘンリーの奥さん)
ヘンリー・スモールの奥さん。
Teddy Teddy(テディー)
隕石落下の衝撃でトラックの中で亡くなってしまう。
Security Guard Security Guard(セキュリティ・ガードマン)
メトロポリス・ジェネティックス・ラボのセキュリティ・ガードマン。
The Guard The Guard(ガードマン)
レックス邸にいるセキュリティ・ガードマン。
Lucas(ルーカス)
レイチェルの息子。ライオネルとの間の子だったらしい。
Judge Ross(ジャッジ・ロス)
ロス!ってことは、ピートのお父さん?
Dr. Friedberg(フリードベルグ医師)
レイチェルの精神科クリニックの医師らしい。
Metropolis United Charities(メトロポリス・ユナイテッド・チャリティーズ)
クラークを養子にするために、ライオネルに作ってもらった機関。
Season 1 Episode 14 Zero(レックスの過去)で友だちの生い立ちを調べるという学校の課題で、クロエがクラークのことを調べた時に、出てきています。
今回、その設立の経緯が明らかになりました。
Hera Hera(ヘラ)
ギリシャ神話のティターン神族。オリンポス十二神のひとり。
ゼウスの姉であり、正妻でもある。結婚を司り、既婚女性の守護神。嫉妬深く、ゼウスが浮気をするとその愛人や子どもたちを罰し、執念深い復讐で知られている。ヘラの英語名は、ジュノー。
月(June)の語源になっている。月の花嫁は幸せになると言われるのは、ヘラに由来する。
Zeus & Hera Zeus(ゼウス)
ギリシャ神話の最高神。オリンポス十二神のひとり。
ティターン親族のクロノスとレアの末子で、ハデスとポセイドンの弟。父クロノスの腹から兄弟たちを救い出し、協力してクロノスなどのティターン親族を倒した。その後、支配地をめぐって
人の兄たちとくじ引きをし、天と地の支配者となる。姉のヘラと結婚をするが、次々と女性に手を出して子孫をふやし、不貞をヘラに知られまいとあらゆる手段を講じる好色な神である。
Hercules(ヘラクレス)
ゼウスとテーベの将軍アンフィトリュオンの妻アルクメネとの子。偉大な英雄。
ゼウスの妻ヘラは、嫉妬のあまり赤ん坊のヘラクレスを殺そうとして揺りかごに
2匹の蛇をはいこませたが、ヘラクレスはこの蛇をしめ殺した。その後、成人したヘラクレスは軍事においてテーバイ王クレオンを助け、その功績により王女メガラを妻に得て人の子供をもうけるが、ヘラが送った“狂気の呪い”に取り付かれ、愛する我が子を火中に投じ惨殺してしまう。この罪を清めた後も、ヘラのためにアルゴリス一帯を支配するエウリュステウスの手下にされ、その命じられる仕事を行わなければならなかった。こうして12年に渡って成し遂げるのが有名な“12の難業”。
Vichy(ビシー)
中部フランスの町。
1940月〜44月(第二次世界大戦中)にペタンを首班とする対独協力のビシー政府が作られる。外見的には主権国家であったが、労働力や物資の調達など独軍への協力を強いられた。これに対し、ド=ゴールらはロンドンに亡命政府(自由フランス政府)を組織して対独抗戦を呼びかけ、やがてフランス国内にレジスタンス(抵抗運動)がおこった。
Nazis(ナチス)
ヒトラーを党首とするドイツの全体主義的独裁政党。正式には国家社会主義ドイツ労働者党といい、
1920年発足、翌年ヒトラーが全権をにぎった。ベルサイユ条約に反対し、ユダヤ人やマルクス主義者の排斥を主張、世界恐慌後急速に勢力をのばし、1933年に政権をとった。党独裁で世界制覇をもくろんだが、第二次世界大戦で連合国にやぶれた。

Staff
Directed by Greg Beeman(グレッグ・ビーマン)
Teleplay by Kenneth Biller(ケネス・ビラー)
Story by Alfred Gough & Miles Millar
(アルフレッド・ゴフ & マイルズ・ミラー)
Produced by Bob Hargrove(ボブ・ハーグローブ)

Back

update:2004.11.15