Episode 2 : Heat

ネタバレあり

※エピソードの結末が書いてありますので、知りたくないという方はご注意ください。

クラークの新パワー!

Story
スモールビル高校では、夏休みが終わり新学期がスタート!
ラナは、海兵隊に行ったホイットニーにビデオレターを送ろうとクラークとピートからコメントをもらう。クロエは、メトロポリスのデイリープラネットの実務研修を終え、ゲイブ(クロエの父)がもう一度ルーサー・コーポレーションでやり直すことを決めたために、スモールビルへ戻ってくる。
この日、クラークたちの生物学の授業にとてもセクシーなデズリー・アトキンスという先生が来る。下着に近いような透け透けのワンピースの下からはみ出す肉感的な脚でクラークたちを挑発する。授業では性教育のビデオをみるが、その最中にクラークの目から突然炎が出てスクリーンを燃やしてしまう。外に避難する生徒たち。そこへレックスが心配をしてスモールビル高校へやって来る。実は、デズリーはレックスの婚約者だった。レックスは、その日の夜のウェディングパーティーの招待状をクラークに渡し帰っていくが、クラークは突然のことで理解できないでいた。


レックス&デズリーのウェディングパーティーの後、クラークはラナと一緒にタロンでホイットニーへのビデオレターを撮り直していた。ラナの言葉にドキリさせられたクラーク。突然身体が熱くなり、再び目から炎が飛び出し、店のカプチーノマシーンや壁を燃やしてしまう。

自分のパワーをコントロール出来ずに、人を傷つけてしまうのではないかと深く悩むクラーク。ジョナサンはクラークにパワーをコントロールする練習を勧める。かかしを実験台に、クラークに初めて炎が出たときと同じことを想像させる。すると炎が出て、パワーをコントロールをすることを覚える。その後、パワーでポップコーンを作ったり、ろうそくに火をつけたりと思いのままに操れるようになった。
その夜、パワーの練習中にデズリーがクラークの家へやって来る。デズリーはクラークにせまり誘惑しようとした。キスしようとするデズリーの口元から怪しげなピンク色の吐息が・・・。でもクラークにはなぜか効かない。いぶかしがるデズリー。クラークは、なぜデズリーが自分を誘惑したのかが気になり疑いをもつようになる。


一方、クロエとラナは、クラークのことをどう思っているかを話合う。そして2人の間である約束をかわす。クラークとはお互いにデートをしないということ・・・。


ある日、突然レックスがタロンを閉店することを決め、ラナに施設を24時間以内に立ち退くように要求してくる。カプチーノマシーンで何千ドルもの損害を出してしまったことを理由に。そしてクラークは、デズリーからの通報で彼女の車に火をつけた容疑で逮捕されてしまう。
実は、これはデズリーの策略だった。デズリー・アトキンスというのは偽名で、本名はアリソン・サンダース。彼女はその昔、ボーイフレンドといちゃついている最中に隕石の落下に遭遇し、その影響で、フェロモンのレベルが高まると人を思いのままに操れる能力が身についたのだった。その能力で金のために人を操り、殺人を繰り返してきた。そして、今度はレックスを狙って、クラークを誘惑しレックスを殺そうとしていたのだった。しかし、クラークは操れなかった・・・。

刑務所に面会に来てくれたクロエとラナからこのことを聞いたクラークは、デズリーと話すためにレックス邸に向かったジョナサンのことを心配する。クラークは新しく芽生えたパワーを使い、保安官の注意が炎にそれた隙に脱出をはかる。
レックス邸に駆けつけたクラークは、デズリーに操られたジョナサンがレックスに向けて銃を発射したところを目にする。新パワーで発射された弾を溶かし、間一髪でレックスを助けるが、デズリーはなおもレックスの背中にアルコールをかけ火をつけてしまう。クラークは、ジョナサンを気絶させ、デズリーを逃げられないようにドアノブをパワーで熱くし、レックスの背中の火を消した。

デズリーは逮捕され、刑務所から脱出したクラークの罪も、未成年であることやレックスの命を助けたことで大目にみられ、告訴は取り下げられた。そして、タロンではラナがホイットニーへのビデオレターに本音を告白するためカメラの前にいた。

Point※どらが独断と偏見で訳したためにニュアンスが違う場合もありますが、お許しくださいm(_ _)m
タロンでクラークがラナと一緒にビデオレターを撮り直した後
Clark What did you say to Whitney?
クラーク ホイットニーには何て言ったの?
Lana Started my message five or six times, but I can't finish. There's so much I want to say.
ラナ 5、6回メッセージを送ったけれど、まだ送るつもり。言いたいことがたくさんあるから。
Clark It's not easy being in a long-distance relationship.
クラーク 長距離恋愛は難しいね。
Lana I miss him. And I'm worried about him, but it's difficult putting your life on hold. I'm not sure it was the wisest decision for either of us. I got his e-mails. He's having a really tough time. First with basic training, now being shipped out. He needs someone he can count on. Besides, I do have you to look out for me, don't I?
ラナ 私は、ホイットニーがいなくて寂しいし、心配しているわ。でも、あなたの人生をホイットニーとの約束で縛るわけにはいかないわ。私たちにとっても賢明な判断をしたかなんて分からない。ホイットニーからメールをもらったわ。彼は、本当につらい思いをしている。最初は基礎的なトレーニング、今は任地へ出発したわ。彼には頼れる人が必要だわ。私はあなたに見守られているけど。
Clark I know I haven't been around much this summer. Thanks. But even since the storm, the farm has just been a disaster.
クラーク この夏はあまりそばにいなかったけれど。ありがとう。でもあの嵐以来、農場はとても大変な状態なんだ。
Lana Seems like we're all trying to find our way back from that day.
ラナ あの日から私たちはそれぞれの道をみつけようとしているみたいね。
Clark Except for Lex. I've never seen him so happy before.
クラーク レックスだけは違うね。あんなに幸せそうな彼を見たことがないよ。
Lana It's kind of weird.
ラナ なんだか不思議な気がするわね。
Clark I'm glad I'm not the only one who thinks that.
クラーク そんな風に考えているのが僕だけじゃなくてよかった。
Lana Still, you have to admit, it's romantic.
ラナ それでも認めなくてはならないわよ。ロマンティックね。
Clark Well, Lex makes it seem easy.
クラーク レックスには容易なことみたいだね。
Lana Maybe it is. Lex learned to act on his passion. Never hold anything back. I wonder if we'll ever be able to do the same.
ラナ そうね。レックスは自分の気持ちを行動にうつすことを学んだのよ。なにもためらうことなく。私たちも同じようにすることができるかしら。

どらより クラークとラナがとてもいい雰囲気。この後、再びラナの言葉にドキッとさせられたクラークの目から炎が飛び出してしまって大変なことになってしまうけれど、その直前のふたりはちょっとドキドキします。特に最後のラナの言葉は、かなり興味深いです。だからこのエピソードの最後に、ラナは自分の気持ちをホイットニーへのビデオレターにしますが・・・。(Pointの最後にラナの言葉の解説あります)
ジョナサンの勧めでクラークが新パワーの練習をするシーンで
Jonathan All right. Rule number one: Always practice away from barn. Come on.
ジョナサン よし。ルールその1、納屋から離れて練習する。さあ。
Clark I don't get it, I thought the point was to stop this from happening,
クラーク わからないよ。要はパワーが暴走した時に止めることだと思ったんだけど。
Jonathan Well, in order to find the off switch, first we need to find the on switch, right?
ジョナサン え〜と、パワーを止める方法を見つけるためには、まずパワーを出す方法を見つける必要がある。いいかい?
Clark All right.
クラーク 分かった。
Jonathan Now, I want you to remember exactly what you were thinking about the first time it happened. Come on.
ジョナサン クラーク正確に思い出してほしい、最初にパワーが暴走した時のに何を考えていたかを。よし、始め。
Clark Dad, this might be easier if I was...
クラーク 父さん、思い出すことはすごく簡単なんだけれど・・・。
Jonathan Alone. Yeah. Sorry.
ジョナサン 1人でやりたいんだな。分かった。悪かったな。
Clark Thanks.
クラーク ありがとう。

どらより このシーンは、かなり笑えます。クラークとジョナサンの会話がとてもおもしろいし、表情や行動もなんとも言えません。だれでもにんまりしてしまうのではないかと・・・。そして、バックで流れているElvis Presley(エルビス プレスリー)の“A Little Less Conversation”がさらに盛り上げていていい感じですよ。今でもこのシーンを考えるとふきだしてしまうどらですが・・・。怪しいかも(−0−)
クラークに命を助けてもらったレックスがクラークを訪ねてきて
Lex I let my passion get the best of me. I won't make that mistake again.
レックス 俺は感情のままに動いた。もう同じ間違いは二度と犯さない。
Clark Lex, I don't think having passion is such a bad thing.
クラーク レックス、情熱を持つことがそんな悪いものだとは思わないよ。
Lex You're right, Clark. Passion for life and work and friends is great. As long as you keep it in check. I should take a page out of your book.
レックス そうだな、クラーク。人生や仕事や友だちに対しての情熱は、とてもいいものだ。自分の思いのままに操れるうちは。俺はきみをお手本にするべきだな。
Clark How do you mean?
クラーク どういう意味?
Lex The way you deal with Lana. I've always told you to go for it, but you don't even now that the quarterback's out of the picture.
レックス きみとラナとの付き合い方さ。俺はいつもきみに行動を起こすように言ってきたが、きみはあのクウォーターバックのやつがいなくなった今でさえ、そうしないんだな。
Clark I want to, believe me. But Lana needs to work out, her feelings for Whitney first. I can wait.
クラーク 僕だってそうなりたいよ。信じて。でもラナはまずホイットニーに対する気持ちをはっきりさせる必要がある。僕は待つつもりだ。
Lex Don't wait too long.
レックス あんまり待ちすぎるなよ。

どらより レックスがクラークをお手本に!?今まで自分が一番正しいなんて思っていたはずのレックス!レックスが変わりつつあるのですね。うれしいのやらさびしいやら、とても複雑な気分です。でもこれはレックスの新しい一面ですね。
ラナのビデオレターには
Clark How's it going with the tape for Whitney?
クラーク ホイットニーには何て言うの?
Lana I decided to tell him how I really feel.
ラナ 私の本当の気持ちを彼に話すことに決めたの。
Clark What happened to putting on a brave face?
クラーク 随分自信ありげだけど、どうしたの?
Lana Wasn't fair to either of us. I haven't been honest about my feeling. I know it's gonna hurt, and my timing is crummy but having a relationship that's built on secret and lies is doomed to fail. Don't you think so, Clark?
ラナ はっきりさせないのはフェアじゃないと思ったから。私は自分の気持ちに正直ではなかったの。正直になることでホイットニーを傷つけるだろうし、タイミングは最悪だけど、秘密やうそでできた関係は始めからうまくいかないもの。クラーク、そう思わない?
Clark Absolutely
クラーク そうだね。
Lana Look like the heat wave's finally broken. I'm glad.
ラナ 熱波がついに終わるようにね。よかった。
Clark Yeah, me too. I should let you finish.
クラーク 僕もそう思うよ。終りにすべきだね。
Lana Whitney. I care about you very much. And I always will. But we promised that we'd be honest with each other. And the truth is...
ラナ ホイットニー。私はあなたのことをとても心配しているし、その気持ちは変わらないわ。でも私たちはお互い正直になろうって約束したわよね。本当は、私・・・。

どらより 本当は・・・。の後にラナはなんて言ったのでしょうね?本当は、クラークが大好きなの!なんて言葉が次にきたのではないかと思うのですが・・・。ラナの複雑は表情、言葉の終わり方から推測してみましたが。あなたはどう考えますか?

Main Cast(メインキャスト)
Clark Kent Lana Lang Lex Luthor Pete Ross Chloe Sullivan Martha Kent Jonathan Kent
Guest Cast(ゲストキャスト)& 紹介された人物
Desiree Atkins/Alison Sanders Desiree Atkins / Alison Sanders
 (デズリー・アトキンス / アリソン・サンダース)
スモールビル高校でクラークたちの生物学の先生で、レックスの婚約者?!
隕石の影響により、フェロモンのレベルが高まると人を操る能力を持っている。その能力でレックス、ジョナサンを操るが、クラークを操ることはできなかった。
Sheriff Ethan Millar Sheriff Ethan Millar(イーサン・ミラー保安官)
デズリーの通報により放火犯の疑いでクラークを逮捕する。刑務所で突然火災があり、クラークを避難させるために鍵を開けた瞬間クラークに逃げられてしまう。
Mrs. Kowalski(コワルスキー先生)
ピートの話の中に登場。
ピートがお父さんから聞いた話で、信じられないほど年をとっていて退屈きわまりない生物学の授業を行っているという先生!?

Staff
Directed by James Marshall(ジェームズ・マーシャル)
Written by Mark Verheiden(マーク・バーハイデン)
Produced by Bob Hargrove(ボブ・ハーグローブ)

Back

update:2004.7.15