Episode 17 : Reaper

第33話 “死に神になった男”(前編)

2003.12.4(木)放送

あらすじ
ある夜、タイラー ランダルルは病院に入院している母の元に見舞いにやってきた。母は
生命維持装置をつけられ、苦しい日々を送っていた。この日、母はタイラーに“自分を殺
して、楽にさせて欲しい”と頼む。タイラーは悩むが、母を思い安楽死させようとする。
しかし、そこへ来た看護士ともみ合いになり、窓から転落して死亡してしまう。
その時、タイラーの腕には隕石が埋め込まれてしまう。

そんな頃、クラークは毎年恒例となった父ジョナサンとの釣り旅行のことでケンカをして
しまう。ふたりは仲直りできずに気まずい雰囲気が続く。
クラークとマーサは、ボランティアで老人介護施設を訪ねていた。しかし、その直後施設
にいたサイクスという女性が自然発火で焼け死んでしまったことを聞く。不審に思ったク
ロエは調べ始める。

一方、レックスのもとに、父ライオネルの部下のドミニクがやってくる。レックスの統轄
する部署の会計監査の結果、不明瞭な点がありそれを調べるためであった。

勝手にクラークポイント
ジョナサンに釣りのことについて自分の思いをぶつけてしまうシーン。
“子ども扱いするのはやめてよ。僕はもう7歳の子じゃないし、釣りもホントは好きじゃ
ない。それでも毎年釣り旅行に行くのは、父さんが喜ぶからさ”
↑このクラークの言葉は、とっても分かります。そして言われてしまったジョナサンの気
持ち・・・。誰しもこのようなことってありますよね。
ホイットニーが自分の父親に対する思い出をクラークに語り、今の弱ってしまった父親
は見たくないと言うシーン。この時、クラークが“気持ちは分かる。でも、思い出より生
きているお父さんが大事だよ”と。今回のテーマは“生と死”との関係で奥が深いなと感
じます。

勝手に気になるレックス発言
レックスとドミニクとの会話の中で
レックス:常に一番であれ、弱い人間になるな、誰も信じるな、それが俺が得た教訓だ!
↑この後、ドミニクにした笑顔。結構嬉しそうです。

レックス:俺を育てたのはだれか?そのことを忘れないようにしろよ。
     否定したいが、俺はやはりあのおやじの子だ。甘く見ない方がいい。

↑こういうレックスって好きだなぁ〜。
タロンカフェでクラークと釣りの話をしていて
レックス:実は俺も一度おやじと釣りに行ったことがある。
クラーク:釣りをするような人には見えないけど。
レックス:あぁ。正確には釣りじゃない。
     南オーストラリアに行って、檻に入って海中に降ろしてもらい、鮫の見物をし
     たんだ。

クラーク:それは思い出になっただろう。
レックス:大金持ちってのは生きている実感を味わうためにいろいろやるもんさ。
クラーク:なぜ行ったの?
レックス:おやじに負けたくなかったから。それ以来2人で旅行に行ったことはないね。
↑レックスと父ライオネルが旅行!って聞いてびっくり。しかし、なぜ行ったのかという
ことを聞けば、結構納得(?!)レックスの場合はなんでも競争になってしまうのね。
レックスがジョナサンを訪ねてきて
レックス :ケントさん。
ジョナサン:クラークならいないぞ。
レックス :あなたに会いに来たんです。
      今度の日曜、シャークスの試合を見に行きます?

ジョナサン:私は釣りに行く。クラークは知らんが・・・。
レックス :チケットは僕の気持ちで・・・。
ジョナサン:それは、きみがよかれと思ってしたんだろうよ。
レックス :あんまりじゃないですか。僕はケント家の皆さんが好きなんです。
ジョナサン:それが本心とは思えないな。私たちは君とお父さんのチェスの駒だろう?
レックス :家族写真をお持ちですか?
ジョナサン:あぉ、家族写真なら沢山ある。
レックス :僕とおやじが一緒の写真は、会社の年次報告書だけです。
ジョナサン:だからきみに同情しろって言うのか?
レックス :いいえ。僕は、ただあなたたち家族をすごく羨ましいと思っています。
ジョナサン:うちの家族がそんなに羨ましいならどうして、こそこそ調べたりするんだ?
レックス :橋の事故の真相を知りたいと思っただけです。
ジョナサン:へぇ。
レックス :でも僕の仮説が間違っていた。そうクラークにも言いました。
      クラークから何も聞いていないんですか?

ジョナサン:あの子はいいこだ。あのまま変わらないでいて欲しい。
レックス :僕もそう思います。
レックス :あなたは、いつまでたっても僕のルーサーって名前しか見てくれない。

ジョナサン:他のところも見てみようって気にはなれないからな。
↑レックスがケント家に対する思いをジョナサンに言うが、ジョナサンはどうしてもレッ
クスを他の角度から見ようとしない・・・。レックス頑張っているのにかわいそうだなと
思った瞬間でした。でも、クラークに対するレックスとジョナサンの思いってのは同じよ
うですね。

メインキャスト & ゲストキャスト & 紹介された人物
クラーク ケントラナ ラングレックス ルーサークロエ サリヴァン
ピート ロスジョナサン ケントマーサ ケントホイットニー フォードマン
タイラー ランダル
病院に入院している母の元に見舞いに行った際、母の願い(殺して欲しい)を叶えようと
するが、看護士に見つかってしまい、窓から転落死してしまう。その時に隕石が腕に刺さ
り、手で人に触ると灰にしてしまう能力を身につけ蘇る。母の遺体を埋葬するためスモー
ルビルにやって来て、老人介護施設でボランティアをすることになるが・・・。
ローズ ランダル
タイラーの母。生命維持装置をつけ病院に入院していた。
タイラーが見舞いに来た際、殺して欲しいと頼み生命維持装置をはずしてもらうが。
ドミニク セナトリ
ライオネル ルーサーの部下。
レックスの統轄する部署の会計監査の結果不明瞭な点があり、全権を託されて調査しに来
た。ジョナサンのもとにも、レックスがクラークとの事故のことやケント家のことを調べ
ているのはなぜかと調査しに来る。
サイクス婦人
老人介護施設にいる老女。病気に苦しんでいた。
ある夜、タイラーがそれを見かねて彼女の手に触れ亡くなってしまう。
ハンク リチャーズ
老人介護施設で働いている。
ジャクソン フォードマン
ホイットニーの父親。
心臓発作を起こし、病院に入院中。

Staff
Directed by Terrence O'hara
  演出:テレンス オハラ
Screenplay by Cameron Litvack
  脚本:キャメロン リトバック
Produced by Bob Hargrove
  製作:ボブ ハーグローブ

Back

update:2003.12.6