Episode 10 : Shimmer

第19話 “姿なき侵入者”(前編)

2003.8.14(木)放送

あらすじ
ボランティアで献血運動をはじめたラナ。しかし、ホイットニーは協力しようとはせずに
ラナに冷たい態度をとる。そんなふたりを見ていたクラークは、ラナを放っておくことが
できず、献血運動の手伝いをする。そして、ホイットニーに遠慮はしないと決める。

一方、レックスの屋敷に滞在をする大富豪サー ハリーの娘ビクトリア。それをこころよ
く思わないレックス邸の管理人の娘エイミー。エイミーは、ずっとレックスに恋心を抱い
ていた。彼女は、学校でもレックスへの想いをノートに書き綴っていたのを同級生のトロ
イに見られからかわれる。その直後、トロイは更衣室で姿の見えない何者かに襲われる。

そんな折、レックスが母親の形見として大切にしていた時計がなくなってしまう。
クラークがレックスと2人で時計を探していると激しい物音がし、誰もいない部屋の壁い
ちめんに“でていけ”の文字がかかれてあった。

翌日、クラークはホイットニーが廊下で落とした紙袋をひろう。なにか気になるクラーク
は、それがアムロジピンという薬であることを透視する。
そして、レックスの屋敷に再び姿なき侵入者が・・・。

勝手にクラーク発言 & ポイント
ピートと一緒にシャワーを浴びようとするシーン。
上半身裸のクラークが見られます。きゃ〜、ステキ〜!!!!
献血運動のちらしを見たジョナサンやマーサは、クラークに“献血はできない”と言う
が、クラークは、受付係をしてラナを助けると言うシーン。
“ホイットニーが手伝わないんだよ”“ラナを放っておくようなやつはふさわしくない

というようなかっこいいセリフを言うよ〜。ラナに大接近!!
ラナの家で一緒に打ち合わせをして、終わったあと
ラナ  :ホントに今日はありがとう!
クラーク:献血に協力は当然だよ。
ラナ  :でも、ホイットニーには断られたし、最近は話もしてない。
クラーク:僕にホントに感謝してくれるなら彼の話はよそうよ。
ラナ  :そうね。
↑すごい!また大接近!!しかも積極的なことば!!!
ラナ  :あなたって不思議な人ね。いて欲しい時にはいなくても、必要な時にはいつも
     いてくれる。
クラーク:すごい誉め言葉だ。
ラナ  :献血運動も助けてくれたし・・・。
クラーク:そうだね。
ラナ  :いつも支えてくれるし・・・。
クラーク:そうだね。
ラナ  :そばにいてくれるし・・・。
クラーク:あぁ。
ラナ  :ありがとう!
↑いい雰囲気の2人。この後、大大大大接近!!!!あと少しでKissだったのに〜。ネル
叔母さんの邪魔が入り残念!かなりいい〜。
クラーク:僕のロフトから夕日を見たことある?
ラナ  :えぇ。でも、夕日って何回見ても違って見えるのよね。見るたびに新しい発見
     があって・・・。
クラーク:明日見においでよ。
ラナ  :えぇ、喜んで!
↑お誘いができて、しかもOKをもらってます!もうさいこ〜ですね!

勝手に気になるレックス発言
エイミーがビクトリアにわざと飲み物(?)をこぼしたのを見て
ビクトリア:わざとこぼしたのよ。
レックス :手がすべったんだよ。だろ?エイミー。
エイミー :えぇ。
↑レックスがエイミーをかばった!レックスのやさしさが見えます。
クラークが白いチューリップをたくさん持ってレックスの屋敷にきたシーン
レックス:お〜、きれいだ。
クラーク:うちに咲いていた全部だ。これで足りないならオランダに電話してくれ!
レックス:ビクトリアが好きでね。
クラーク:ビクトリアと随分仲がいいんだね。
レックス:なんだ、意外か?
クラーク:きみの好みには見えない。
レックス:愛しているから一緒にいるとは限らないさ。目的が同じだからだ。女は、ラナ
     みたいな子ばかりじゃない。

クラーク:悪かった。余計なことを言って・・・。
レックス:気にするな!きみのそういうところが俺は好きなんだ。
↑好きと言うレックスすきだな〜。ホントクラークにはいれこんでいるレックス!
クラーク:ラナにアッタクすることにした。
レックス:それはいい。どうしてまた急に・・・。
クラーク:友だちのアドバイスを聞くことにしたんだ。
↑やっとクラークがレックスの言うことを聞いた!レックス嬉しいそうです。
父ライオネルがレックスの屋敷に来て
ライオネル:レックス、お前には失望させられたよ。
レックス :やあ、父さん。俺も会えて嬉しい。
ライオネル:その子は、ここで何をしている。
レックス :今かい?首のマッサージ。これから他のところもしてくれるんだ。
↑この時のレックス、めちゃくちゃいい顔してます。さわやかですよ〜。
ライオネル:私の気をひきたくてしていることなのか?なら成功したぞ。
レックス :俺が何かすると全部父さんと関係があると思うのはやめてくれないかな。
ライオネル:じゃ、お前は彼女にたぶらかされたのか?席を外してくれ、ミス ハードウ
      ィック。家族に忠誠を尽くすことについて息子と話したいんでね。
↑またまたライオネル対レックスの戦い?
レックス :ビジネスとは関係ない。
ライオネル:ビジネスと関係ないことなどありえん。それがルーサー一族の宿命だ。ハー
      ドウィックが関わればなおさらだ。レックス。ビクトリアはお前をたらしこ
      めるえさなんだぞ。サー ハリーはルーサーコーポレーションを切り崩そう
      としているんだ。
レックス :別に俺の会社じゃないし。俺は従業員のひとりにすぎないからね。こんな小
      さな町の工場にとばされた時思い知らされてるよ。

ライオネル:帝国が崩壊する時は外部からの攻撃で崩れるんじゃない。内にある弱さから
      崩れるものだ。レックス。何度も言っただろう?スモールビルは、お前の能
      力を見るテストだとな。
レックス :俺は十分合格点を取っていると思うけど。
ライオネル:いいや、それは違う。ビクトリアの切り札は一枚だけだ。なのに簡単にその
      手にひっかかるとはな。
レックス :俺のプライベートに口をだすな。
ライオネル:会社の運命がかかっているんだぞ。プライベートじゃない。レックス。よく
      聞けよ。もし家族を裏切れば今度こそ誰も味方はいなくなるぞ。
↑ライオネルは、レックスを脅威に感じているのかな・・・。レックスはこれからどうす
るのかな?

メインキャスト & ゲストキャスト & 紹介された人物
クラーク ケントラナ ラングレックス ルーサークロエ サリヴァン
ピート ロスジョナサン ケントマーサ ケントホイットニー フォードマン
ライオネル ルーサー
レックスの父親、ルーサーコーポレーションの社長。
レックス邸に多国籍企業の総帥の娘ビクトリアが滞在していることが気に入らなくて、
忠告しにくるが・・・。
Episode 1 : Pilot(クラークの秘密)、Episode 3 : Hothead(怒りの炎)、
Episode 8 : Jitters(レベル3の闇)に登場。
エイミー パルマ
レックスの屋敷の住み込み管理人の娘。スモールビル高校の生徒。
レックスに想いをよせているが、ビクトリアがレックスの屋敷に滞在していることが面白
くない。レックスの大切な時計を持っていってしまう。
ジェフ パルマ
レックスの屋敷の住み込み管理人の息子。スモールビル高校の生徒。エイミーの兄。
エイミーのことを心配している。妹想いのところがある。
エイミー、ジェフの母親
レックスの屋敷の住み込み管理人。
レックスとは住む世界が違うとジェフやエイミーに言ってきかせている。
トロイ ターナー
スモールビル高校の生徒。
エイミーがレックスへの想いを綴ったノートをとりあげ、エイミーをからかう。
その後、姿が見えない何者かに襲われる。
ビクトリア ハードウィック
多国籍企業の総帥(サー ハリー)の娘。現在、レックスの屋敷に滞在中。
寝室でなにやらレックスの情報を入手しとうとしている。
Episode 9 : Rogue(脅しの切り札)に登場。
ネル ポーター
ラナの叔母。
昔、クラークの父ジョナサンとラナの叔母ネルは、付き合っていたらしい(クラークの言
葉より)。今回ラナとクラークがいい雰囲気のところを壊してしまう。
Episode 1 : Pilot(クラークの秘密)、Episode 3 : Hothead(怒りの炎)、
Episode 6 : Houtglass(不吉な予言)、
Episode 7 : Craving(恐怖のダイエット)に登場。
レックスの母親(レックスの話の中に登場)
レックスが必死になって探す時計は、レックスの母親が亡くなる前にレックスにくれたも
のらしい。レックスの母親ってどんな人?

Staff
Directed by D. J. Caruso 
  演出:D. J. カルーソ
Screenplay by Micheal Green & Mark Verheiden
  脚本:マイケル グリーン & マーク バーハイデン
Produced by Bob Hargrove
  製作:ボブ ハーグローブ

Back

update:2003.8.5